馬渕教育グループ・東進衛星予備校

数学特待制度

AI・テクノロジーの発展が著しい現在、数学の社会的重要性がより高まっています。数学が直接役立つのはもちろん、数学を学ぶことで身につく論理的思考力は、これからの社会を生き抜く力になります。また、数学は、大学入試で最も差がつく教科です。将来のためにも、そして大学入試のためにも、数学を学ぶことは重要です。そのため東進では、意欲ある 2022年度の中3生・中2生を対象に、高校数学を高1で修了する「数学特待制度」を設置しています。成績基準を満たせば、特待生として数学の講座を無料で受講できます。授業を担当するのは、東進の実力講師陣。本質から理解できる授業で、数学の楽しさ・奥深さをより実感できるはずです。数学特待生は、東進に週3日以上登校して前倒し学習を進め、高1で数Ⅲ・Cまで修了します。今から圧倒的な数学力を身につけ、大学入試にも大きな自信をもって臨みましょう。
数学特待生は、校舎の模範として週3日以上登校し、高1で数Ⅲ・Cまで修了するための前倒し学習を行います。また、指導に必要な模試を受験し、担任との面談やグループ・ミーティングに参加してください。

AIは、数学や理論物理から出てくるアイデアを駆使する分野。理論的な数学はテクノロジーに直結しており、社会的重要性も増しています。数学を活用できる舞台が広がると共に、たとえ直接的に数学を使わないとしても、数学で鍛えられる論理的思考力はリーダーに必須の能力となっていきます。中学生の今、数学に臆することなく取り組み、その醍醐味に触れることは、君の未来と世界の未来を拓くことになるでしょう。

学力と合否の関係を調べた東進の調査で、数学の重要性が明らかになりました。左の図をご覧ください。東大入試(理系)において、合格者と不合格者の得点差が最も大きいのは「数学」でした。東大文系や難関国立などにおいても、同様の傾向が見られます。
高校数学にはⅠ・A、II・B、III・Cがあり、理系で見ると東大をはじめとする旧七帝大ほど数III・Cの出題が多くなります。
また文系では、難関大ほどII・B の出題が多い傾向があります。難関大ほど発展的な内容が出題され、十分な準備や学習が必要であることがわかります。

数学特待制度のカリキュラムにおいては、高1のうちに数III・Cまで、すなわち高校数学全範囲の修了を目指します。
東大に多くの合格者を送り込む私立中高一貫校の多くは、高2のおわりまでに高校の学習内容をほぼ修了。特に進度の速い難関校では、高2の2学期に数III・Cまで修了し、その後は志望校の二次試験・個別試験に向けた対策に専念しています。このような「前倒し」のカリキュラムが、高い大学合格実績の理由です。
東進では、進度の速い中高一貫校よりもさらに速く、数学の全範囲を修了できます。大学へは合格点ギリギリではなく余裕で「トップ合格」できるレベルに到達できるのです。

東進の講師は、何万人もの受験生を志望校合格へ導いてきたエキスパートぞろい。つまずきやすいポイントやその攻略法を熟知しているので、授業のわかりやすさは折り紙つき。表面的な知識や小手先のテクニックに留まらず、「なぜ、そうなるのか」「どう考えればよいのか」にとことんこだわる授業は本物の思考力を養います。数学では、「新たなアプローチを知ることができた」「難しい問題や初めて見る問題でも解法が導けるようになった」「数学における基礎基本とは何なのか、本質から学べた」と難関大合格者からも圧倒的な支持を得ています。

対象

2022年度中3生、中2生のうち
成績基準を満たす意欲ある生徒
※中高一貫校生、公立中学校生どちらでも可。

特待内容

①入学金(通常33,000円)→11,000円

②数学通期講座(90分授業×20回ほか)(通常77,000円~)→無料
高1で数Ⅲ・Cまで修了します。そのために必要な通期講座の受講料は、すべて無料です。

③高速マスター基礎力養成講座「数学計算演習」(通常77,000円)→無料

④担任指導費・模試費(通常最大計45,560円)→無料

成績基準

以下の(1)(2)いずれかを満たす生徒を認定します。

(1)全国統一中学生テスト、中学学力判定テスト(年4回)もしくは大規模な模試で優秀な成績であること。

(2)直近の学校通知表(通信簿)の数学の成績が5(5段階評価)または9・10(10段階評価)であることに加えて、入学時学力診断テストで優秀な成績であること。

PAGE TOP